痛みはどれくらい?

包茎手術を決意しても、痛みの問題を考えるとちょっと恐くなってしまいます。
でも実際問題として包茎手術の痛みはどれくらいなのか、そして術後も痛みは続くのか、それは手術を受けてみないと想像も出来ない事。
という事で包茎手術の痛みについてのお話をしますが、もちろん大なり小なり多少の痛みは伴うはずです。

包茎手術の痛みは最小限?

包茎を手術する時は麻酔を使用しますから、治療中に痛みを感じる事はほとんどありません。
それに術後も痛み止めなどでサポートしてくれるので、やはり痛みは最小限で済むはずです。
ただし痛みの無い手術を受けるためには優秀なクリニックを利用する事が条件でしょう。
どうしても痛みの問題を考えるとクリニックに行く気が起きない、という人は口コミなどで話題のクリニックを利用してみて下さい。
また、カウンセリングの時に手術中の痛みはどれくらいなのか詳しく聞いておくと良いでしょう。

術後の痛みはある程度覚悟しておく

手術そのものは、メスを入れる方法だろうと何だろうと麻酔のおかげであまり心配しなくても大丈夫です。
ですが本当に痛みを感じるのは術後で、麻酔が切れてくると多少の痛みを感じます。
術後の痛みは痛み止めでなんとかなりますが、少なくとも手術した直後の多少の痛みは覚悟しましょう。
また、術後の痛みは2、3日でおさまりますので、とにかく数日我慢すれば痛みからは解放されるはずです。


手術は多少の痛みで済む

包茎の手術に興味があっても、痛いのが怖いから受けないという人はまだまだ多くいます。
確かに多少の痛みは伴いますが、麻酔や痛み止めのおかげで苦痛になるような痛みは感じません。
包茎の人は早漏、性病のリスク、コンプレックスなど色々な悩みを抱えていると思います。
その悩みを痛みの恐怖でずるずる引き伸ばしておくと、いつまで経っても包茎の悩みは消えません。
実績と技術のあるクリニックで手術を受ければ痛みは相当軽減出来るので、恐れずに手術してその悩みを今すぐ解決しましょう。