包茎を手術した直後の生活について

包茎を手術した後は、しばらく体を安静にしないといけないので、面倒と言えば確かに面倒です。
でもアフターケアを怠ると更に面倒な事になるので、あらかじめアフターケアについての知識を勉強しておきましょう。

スポーツや性交は一ヶ月ほど控える

包茎手術をした場合、基本的に性交やスポーツは一ヶ月ほど控えた方が良いです。
治療をした直後の患部はとても敏感ですし、慣れるまでにはそれなりの時間を必要とします。
にも関わらず陰茎に刺激を与え過ぎたり、体を激しく動かすとせっかく治療した箇所にダメージを与える事になります。
多少体を動かすくらいでは問題無いでしょうが、あまりにも無防備にしていると縫合した部分が回復せず自然な見た目を損ねてしまいます。


湯船は最低でも一週間は控える

包茎手術をした後は間違いなくお医者さんに入浴を控えるよう言われるはずです。
そして湯船に浸かるのは最低でも一週間は控えるべきだし、浸かるにしても一ヶ月くらいは患部をしっかり守るべきでしょう。
もちろんシャワーは可能なので、とりあえず一週間くらいは患部を保護しつつ体を洗う事になります。
また、手術当日はシャワーすらも禁止されるはずですから、当日に限ってはせめてタオルで体を洗うだけに留めましょう。
いちいち入浴する度に神経質に患部を守ったりするのは苦労するでしょうが、こればかりは我慢するしかありません。

適切なアフターケアで見た目を自然にする

先ほど少し触れましたが、適切なアフターケアをする理由は縫合箇所を自然にするためです。
包茎の手術は包皮を切除したり縫い合わせたりする訳で、こういう手術は仕上がるまでしばらく時間がかかります。
だからこそ、なるべく体を激しく動かさず濡らしたりせずに生活する事がとっても重要になる訳です。
いくら包茎手術をしても術後に見た目が不自然だったら、それはそれでまた新しいコンプレックスを生む原因になります。
そんな事にならないように、クリニックの医者のカウンセリングに従って、適切なアフターケアを行いましょう。