保険について

包茎手術は基本的に保険が効きませんが、一応保険が効く場合もあります。
費用が無くて保険が無いと包茎手術は出来そうにない、という方は今回説明する事を是非とも参考にしてみて下さい。

包茎手術で保険が効く場合

包茎手術にも保険が適用される場合があり、その条件としては真性包茎である事です。
そして真性包茎であり尚且つ泌尿器科で手術を受ければ、保険が適用された料金で受ける事が可能になります。
という事で、真性包茎で費用を全く出せない! という人にとって泌尿器科は心強い味方になるはず。
これまで予算不足のせいで治療を躊躇っていた、あるいは大金を出してまで治療する気が無い、という人は改めて泌尿器科での治療を検討してみましょう。

泌尿器科とクリニックの違い

ただし、泌尿器科は専門のクリニックと比べて仕上がりは劣るとされています。
泌尿器科にも技術の差はありますが、総合的に判断するとやはり技術の面ではクリニックに軍配が上がります。
また、クリニックは治療だけではなく見た目にも気を使って手術をしてくれますし、カウンセリングやアフターケアのサポートは相当手厚いです。
もちろん泌尿器科もクリニックもそれぞれ技術やサポートに差はあるでしょうが、オススメなのはクリニックに違いありません。
ですから、保険を使うために泌尿器科を利用する、というのはあくまでも費用不足の人にとっての救済措置という認識が正しいはずです。
そして仮性包茎やカントン包茎の場合は泌尿器科でも保険が適用されないケースが多いので、そこは必ず注意して下さい。

包茎は病気とは診断されない

そもそも包茎の手術に保険が適用されないのは、包茎が病気と診断されないからです。
ただし真性包茎に限っては性病などのリスクが高いため、限定的に保険が適用されているだけとも言えます。
とは言え、今すぐ手術するべき包茎は仮性包茎ではなく真性包茎です。
その真性包茎なら保険が適用される訳ですから、包茎の手術は予算的にある程度優遇されている方だと結論付けても間違いではありません。